河口湖口ルート
             (スバルライン口)

    
難度:

■河口湖口ルートの概要

元は精進口ルート船津口ルートの通り道として河口湖口5合目を通り吉田口ルートに向かいました。

3000年前ごろ、今の富士山が形成される以前は小御岳(標高2350m)という山がありました。その後、幾度も噴火繰り返して小御岳はほぼ埋もれ、今の富士山が形成されました。その際に、小御岳山頂付近が他の登山道に比べて平坦な土地ができました。この平地に建物や駐車場ができて、今の河口湖口5合目になりました。


昭和39年に東海道新幹線が開通して、静岡側に登山者が流れるのを阻止するために、富士スバルラインが開通してバスや車で5合目まで行けるようにしました。そして、それまで主流だった吉田口登山道に変わって北側のメインルートになり、吉田口は衰退していき、山頂まで河口湖口登山道と呼ばれるようになりました。

昔は吉田大沢に砂走りがありましたが、昭和55年に大規模な落石事故が発生し、死者12人重軽傷者31人出す事故が起き、その後燕沢のブルドーザー道を利用した下山道と、6合目に安全指導センターが設置されました。

毎年7月第4金曜日には、吉田口を使って富士山登山競争が行なわれます。


5合目・小御岳神社から見る秋の富士山


富士山登山競争


山頂・久須志神社


■河口湖口ルートへのアクセス方法■

富士急行線河口湖駅→富士急行バス約50分

中央自動車道河口湖IC富士スバルライン(有料)経由:約30km
5合目駐車場:200台(無料)

※注意
毎年、富士スバルライン7月10日〜9月10日ごろの2ヶ月間はマイカー規制が行われます。この時期は富士北麓公園(無料)富士吉田IC東側に新設された駐車場(規制期間1台1000円)に駐車して、シャトルバス(有料)で5合目に行くことになります。


5合目駐車場


■河口湖口ルート解説

河口湖口ルートは、標高2305mから山頂まで標高差約1400m、約6.5kmの道程を歩きます。富士スバルラインの終点の河口湖口5合目が始点となり、6合目で吉田口、本8合目で須走口と合流し、山頂『久須志神社』を目指して登る登山道です。元は吉田口に合流することから吉田口北口とも呼ばれています。

山小屋が多く、道も整備されてるので初心者向けの登山道といえます。登山道の標識は黄色で表示されています。

★長所
・首都圏からのアクセスが容易(ETCならば夜間割引で半額で中央道に乗れる。)
・山小屋が多く収容数が多いため、宿泊向きコース。
・6合目から山頂まで登山道と下山道が別。
・7合目まで道が広い。
・5合目〜7合目間、獅子岩〜5合目間の区間を馬に乗ることが出来る。(有料)

★短所
・ツアー客も多く、途中から須走口と合流するため、大渋滞に巻き込まれることがある。
・8合目の江戸屋を過ぎると、延々と下山道が続き休憩所がなく、2時間程下らないとトイレがない。
・お馬さんの馬糞が転がっている。


馬に乗って登れるサービスもある

ルートMAP

山小屋情報

所要時間

河口湖口ルート解説


inserted by FC2 system