ハイキングルート

    幻の滝

幻の滝は、通年5月上旬から6月上旬の雪解け時期のみ見ることができます。

通常、雪解け水の多くは地中に滲みこんで地下水として川に流れていくのですが、幻の滝は標高3000m辺りから成就ヶ沢(不浄流し?)をつたい、標高2000m付近で地中の中に流れて行きます。幻の滝までは、距離でおよそ1kmほどの道程で到着します。

雪質や天候によって毎年のピーク時が変わりますが、大体5月20日辺りが最も水量が多くなるようです。状況を5合目の山小屋に問い合わせて見るといいかもしれません。


成就ヶ沢を流れる雪解け水

ルートMAP

ルート断面図



須走口新5合目をスタート地点として、まずは駐車場のほうへ登っていきます。駐車場の中を横断してブルドーザー道に入ります。駐車場の上でブルドーザー道は右に曲がっていきますが(青)、幻の滝へは左手にある沢沿いに真直ぐ登っていきます(赤)


須走口新5合目


須走口新5合目駐車場


ブルドーザー道との分岐

沢沿いに100mほど歩くと沢沿いの分岐点があります。そのまま沢沿いに進むと、別の滝にたどり着きます(緑)。幻の滝と呼ばれる方へは沢を渡って右岸に進みます(赤)

もう1つすぐそばに沢があるのでもこれも渡り、踏み跡を登っていくと少し開けた場所に出ますので、左方の木々の間を登っていきます。右のほうへ下ると先ほど分かれたもう1つの滝へ向かいます。


沢沿いの分岐点


広場の先の木々の間を進む


もう一つの滝

木々を抜けると目の前に草原が広がり、緩やかに下っていきます。草原を進んでいくと木々がなくなり、左手にはどこまでも下っていけそうな裾野が広がっています。転がっている石に白いマーキングが塗ってあるので、その通りに進んでいくと次第に岩場が見えて、成就ヶ沢の下流に到着します。ここから見える滝が一番落差のある滝で、この下には地下に流れていく川筋を見ることができます。


登った先に広がる草原


木々がなくなり裾野が広がる


幻の滝

ここから沢沿いに登っていくことができますが、ゴツゴツとした岩場になってるので注意して登ってください。幻の滝の時期では標高差150〜200mほど登ったところが、視認できる沢筋となり、これより上は至る所で雪が被さっているのでわかりにくいです。下る時には切立った場所とかに行くこともあるのでしっかりルートを確認しながら帰りましょう。


裾野へ流れていく



成就ヶ沢の上流



次々と流れ出てくる雪解け水



inserted by FC2 system