海からの登る富士登山

    富士山本宮浅間大社〜村山浅間神社(村山道・西見附ルート)

◆富士山本宮浅間大社(120m)〜富士根本宮村山浅間神社(490m)

富士山本宮浅間大社で参拝を済ましたら来た道を戻り、大頂寺(131m)の参道に入って寺の脇の道を進みます。突き当りを右折し、すぐに左折して北上していきます。登っていくと左手に山神社(143m)が見えてきます。

ルートMAP@

ルートMAPA


大頂寺参道(131m)


大頂寺の脇の道を進む


山神社(143m)

阿幸地北交差点(161m)で国道139号を渡ると右側に馬頭観世音(165m)があります。しばらく歩くと舞々木墓地が見えてきます。ここに布袋像(190m)があります。舞々木墓地過ぎると、舞々木の登山道山宮御神幸道の別れ道に右富士山道(200m)の道しるべがあるので右に進みます。


馬頭観世音(165m)


舞々木墓地の布袋像(190m)


道標『右富士山道』(200m)

弓沢川に架かる橋を渡って左折すると六地蔵(211m)などがあります。この六地蔵の傍らには小さい地蔵もありますが、よく見ると首がなかったり、石が乗ってたりします。これは明治元年に始まった廃仏毀釈により破壊され、そのまま首が失われました。この先、首なし地蔵はいくつか見られ、山頂の冨士山頂館の裏にも首無し地蔵が存在します。

六地蔵から少し歩くと右手に重林寺(223m)が見え、ここに菩薩像日蓮宗御題目・南無妙法蓮華経などの石造物があります。しばらく進むと粟倉団地交差点の5差路があるので、正面右の道に入り粟倉方面に向かいます。ここにファミリーマートがありますが、最後のコンビニなので水分等がなくなりかけたら補給していきましょう。


六地蔵(211m)


重林寺の石造物群(223m)


粟倉団地交差点

五差路を過ぎてすぐに標高が300mになります。少し進むと左手に石経塚があります。更に少し進むと、右手に石仏群があり、その先左手に菩薩像(309m)があります。


石経塚


石仏群


粟倉の菩薩像(309m)

ここから400mほど歩くと、最後の信号が見えてきます。交差点を過ぎ、左の土手の上に文字がかすれてよく分かりませんが??法子(338m)があります。またしばらく歩くと左手に観音堂(353m)が見えます。このすぐ先の交差点に日蓮宗御題目碑(360m)などの石碑があります。また少し歩くと、これもかすれてよく読めませんでしたが虚空菩薩(?)(362m)があります。


バッタと??法子(338m)


観音堂(353m)


日蓮宗御題目など(360m)


虚空菩薩?(362m)

この先舗装路は大きく左にカーブしていきますが、旧登山道はまっすぐ進みます(緑)。しかし、薮に覆われて今はルートがよく分かりません。以前はあった旧登山道の標識もなくなっていました。ですので、この手前のT字路を右に曲がって迂回します(橙)。この角に敷地内ですが、子安地蔵(367m)があります。偶然いた所有者に聞いたら、以前は山の上のほうにあった物を移設したそうです。


子安地蔵(367m)


村山道(緑)と迂回路(橙)

何軒か民家を過ぎ、林の中を歩いていくと左手に浄水施設が見えてきます。その向かいに山辻の石畳(419m)があります。以前は失われていましたが、地元の中学校によって修復されました。しかし、夏になると夏草がすぐに伸びるので、途中で間違えて東寄りに進路をとってしまい薮に突っ込んでしまうので、よく踏み跡を見極めてください。(実際に間違えて実際の出口から10mほど東に出てしまいました)


山辻の石畳(419m)


途中から夏草に覆われてくる


山辻の石畳上部(460m)

再び、舗装路(460m)に出たら右折して東に進路をとります。階段を上ると、新道の国道469号線があるので、車に注意して反対側に横断します。交差点を越えると西見附(477m)に到着して、菩薩像があります。村山では山中取締りのために、東西に見附を設けて不審者を取り締まりました。


国道469号線手前の階段


国道469号線を横断


西見附(477m)

西見附を過ぎると最後の登りが見えてきます。登りきると左側に菩薩像(492m)などがあります。少し進んで右側の小屋の影に石祠(491m)があります。火の見櫓が見えて、坂を下ると富士根本宮村山浅間神社(490m)に到着します。毎年7月1日にはお山開きが行われ、水垢離の儀や護摩焚きの神事が行われます。


菩薩像(492m)


石祠(491m)


富士根本宮村山浅間神社


村山口ルート


inserted by FC2 system