精進口ルート

    
難度:★★★

■精進口ルートの概要

精進口ルートは、大正12年(1923年)に山梨県によって開削され、鳴沢口とも呼ばれていました。甲府から中道往還を経て、精進湖に出た人たちが使用していた登山道と思われます。

精進湖南東の赤池付近から登り始め、富士風穴、青木ヶ原樹海、大室山、長尾山などの景勝地を通って、4合目で船津口に合流し、吉田口6合目で合流しました。


精進湖


青木ヶ原樹海


富士風穴



精進口ルートへのアクセス方法

富士急行河口湖線河口湖駅富士急行バス新富士駅行き:約20分・赤池下車
JR東海道新幹線新富士駅富士急行バス河口湖駅行き:約1時間25分・赤池下車


精進口ルート解説

精進口ルートは赤池の付近から登り始め、河口湖口5合目までの距離17.42km、標高差1392mを登る長い登山道です(本来の終着点は吉田口6合目)。途中にはまったく補給する場所がないので、携帯する食料・水分は多めに持っていくことをお勧めします。

序盤は青木ヶ原樹海を通り、山を登るというよりも緩やかな坂を登る感じで、なかなか標高が稼げません。富士風穴を過ぎると次第に傾斜が増してきて、1合目の天神峠で青木ヶ原樹海が終わります。3合目手前で富士スバルラインと交差して、3合目バス停があります。この先にはエスケープルートがないので、体調不良の時にはここでバスに乗って引き返しましょう。

ルートMAP@

ルートMAPA

ルートMAPB

ルートMAPC

ルート断面図


精進口ルート解説@

精進口ルート解説A



inserted by FC2 system